2015年03月25日

唐突ゲームレビュー!

今までやってきて、面白かったゲームを
振り返りながらレビューしていきたいと思いますっ
シリーズごとにまとめてあるので、これから
プレイされる方も、参考になさってくれればと思います。

モンスターハンターシリーズ

・MHP2 (8点/10点)
自分はこのPSP作品からハンター生活に入りました。
最初に選んだ武器はガンランスで、ババコンガに苦戦するなどしていましたが
ガード突きが強いバージョンだったので
ティガなどは、比較的チクチクしながら倒せてました。
その後、大剣なども使ってみたりしていましたが
最終的にP2の壊れ武器である、弓を完成させてしまってからは
あまり触らず次回作待ちにという事になりました。
この弓は、上位クエストなのにG級性能あるっていう感じで
どのモンスターもこれ1つで倒せました(次作で修正されました)
プレイ時間(300時間程)

・MHP2G (10点/10点)
PSP普及させた不朽の名作。
武器ごとのバランスの悪さはあったりしますが
モンスターvsハンターと見た場合のバランスがちょうどよかった
前作でのアイテム関連の問題も解消されて
便利になったポッケ村での狩りはたのしさ満点でした。
ちなみに強武器は、ハンマー・大剣・弓
ちょっと弱かったのは、片手剣・笛
他武器はそれぞれ独特で楽しかったです。
この頃個人的に好きだったのは、ランスでナルガ倒すのは
面白かったです、ラージャン戦もたまりませんでした。
プレイ時間(5000時間超え)

・MHP3 (8点/10点)
続編となりモンスターの入れ替えが多かった作品です。
新武器として可変機能がついたスラッシュアックスが登場しました
護石として防具のスキルに+αつけられるのもこの頃からでした
しかしながら、お守りハンターなど揶揄される狩猟以外の要素が
個人的にはあまり気に入っておらず
強い装備も限定されてしまっていてバランスはあまりよくなかったように
思う作品だと思います。
ユクモ村自体は和風だったりでよい雰囲気でした。
モンスターについては、スタミナが採用されるようになったのですが
おかげで疲労と瀕死ですぐ逃げ回ったりするのを追いかけるのは
少々しんどかったりします。
クエスト終了後に乱入モンスターミッションの要素があったのは
すごくよかったです。
プレイ時間(1000時間)

・MH3G (8点/10点)
P3は、MH3(Wii)とP2Gの両方を取り入れたのですが
さらにそこから、水柱戦を復活させMH3の続編となって
3DSで出たのが3Gですが、発売当初はPSPと異なる
操作方法だったりでとまどったりもしたのですが、スライドパッドで
対応したりと、新規部分で新しい可能性がみれた作品でした
しかしながら、水中戦の操作しずらさなどトータルでみると
マイナス要素だったかなと思ったりしました。
大型モンスター戦のみ水中とかでもいいかなとも。
プレイ時間(1000時間)

・MH4 (9点/10点)
新武器に、操虫棍とチャージアックスが追加され
新要素としてジャンプしてモンスターに乗る!
最初発表された時は、どうなるかなと思ってましたが
地形利用したりで上下に動き出て楽しかったです
ただし、新武器のチャージアックスが完全に調整不足で
虫棍の強さばかり目立ちました。
一人用の村クエストが冒険してる感じがして楽しかったのも○
ギルドクエストでモンスターが強くなり、武器を発掘させるのも
新要素として賛否ありましたがよかったと思いました。
プレイ時間(1500時間)

・MH4G (8点/10点)
前作から1年ほどで追加されたG級追加版
チャージアックスが強化され、一気に使っていて楽しい武器に。
同時になぜか虫棍も強化されましたが。
既存武器も双剣が強化され面白くなってたりしますが
他武器の修正が微々たるものだったり、
そのままであったりなのがすごく残念でした。
また追加モンスターも少なくG級クエストの数もあまり多くは無く
G級の最後のモンスター倒したら終わり、といった感じの方が
多かったのではないかなぁ、と感じました。
極限化という追加要素、ギルドクエストのモンスターの変わり映えの無さ
ダウンロードクエストの配信の遅さ、色々マイナス要素が多すぎて
前作より点数さがる結果となりました。
個人的には、ギルドクエストより探索クエストを
マルチプレイで発掘装備とか集めたかったです。
プレイ時間(1000時間)

ここまでモンスターハンターシリーズでした
MH5の発表はまだありませんが、どうなっていくんでしょうか。

ここからは、一番新しい狩りゲームとなっているGEこと
ゴッドイーターシリーズです

・GE (7.5点/10点)
PSPでモンハンブームの後、たくさん狩りゲームがでましたが
新規タイトルで一番面白かったのがこれでした。
体験版でロビーでキャラクターの歩き方があやしかったのが
製品版で直っていたりと、修正の早さに驚いたりしました。
近接と遠距離両方の武器を最初から装備していて
ジャンプ可能だったり、スピード重視の早いゲーム性でしたが
相手モンスター(アラガミ)のヘイトが残ったままずっと追っかけてきたり
複数にかこまれ理不尽に倒されるというのが、この無印作品の特徴と思います。
自分的には、「乱戦こそGEの華!」と思ってるのは、この初代があってこそ
なんじゃないかなぁ。
ストーリーも初代はすごくよく出来ていたりします。
今度の夏にはその部分アニメ化されるんじゃないかと
GE2から入った方は、見ておいて損ないと思います。

・GEB (9点/10点)
割と早い段階で続編が発表され
ストーリーの追加、戦闘バランスの見直しなど
無印もってる方は、格安でのアペンド版が出るなど
バーストで始められた方も多いと思います。
無印で不満だった部分がいろいろ解消されて戦闘部分
が楽しく爽快になりました。

・GE2 (7.5点/10点)
PSP&Vitaの2機種展開となりましたが
これのおかげで発売がかなり遅れたんじゃないかと予想してしまったり
世界観はそのままに近接武器がハンマーとスピア、銃武器がショットガンが
追加になり、新要素として各武器に必殺技というべき
ブラッドアーツ(BA)がセット出来るようになり
同じ武器種でも地上戦や空中戦主体、遠距離主体、一撃離脱タイプと
変化つけられるようになったりしました。
ストーリーは、前作より退化してしまった印象でした。
キャラクターは魅力あったりでよかったのですが・・・
ゲーム部分は、割りとゴリ押し気味で進めていけたり
追加ストーリーの有料DLCがボリューム不足だったりというのも
ちょっともったいない部分多かったかなという印象でした

・GE2RB (8.5点/10点)
怒りのレイジバースト!
シナリオ追加と新武器の鎌ことサイズ追加されました。
さらに誓約という要素で、時間内に規定ダメージやヒット数などを
クリアすると、バーストタイム!というかボーナスタイムで
完全無敵+攻撃力アップという狩りゲーにあるまじき状態になったりします
これが、ちょっと残念で完全無敵より
ダメージ大幅減少と火力アップでよかったのでは、と思いました。
ダメージも数字で表記されるようになったのは、ちょっと面白いかなと
思ったり、やっぱり無くてもと、ちょっと複雑な思いでした。
それでも前作よりは楽しく遊べました。
無事にBAも全部マスターできたりしました。
これから、アップデート色々あるみたいですが、どう進化するんでしょうか。


Vitaのゲームなど最近のゲームに総じて言えることですが
アップデート対応が少し多すぎて、
アップデート来る時には、もう違うゲームプレイしてる事が多いです。
無料アプデだから文句言えるはずもないのですが、
MH4Gのダウンロードクエストみたいに
配信待ちが長かったりするとモチベ続かない
逆に離れてしまう事が多いと思います。

理想としては、ダークソウル無印の追加DLCのような
有料でもしっかりしたボリュームのあるDLCなら納得できる
待ち方できるんじゃないかなと思います。

という訳で長くなってしまいましたが
狩りゲー2シリーズレビューしてみました。

それでは、みなさままたあとで〜(・_・)ノソ
posted by うみ(・_・) at 19:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: